元ウェディングプランナーが解説!大手結婚式場紹介サイト3社を比較!

結婚式場を探そう!と思ったら、まずインターネット上で式場の情報を集める人が大多数を占めています。

その際にとても便利な方法が「式場検索サイト」を利用することです。

サイトには数多くの結婚式場の情報が掲載されており、ひとつのサイト上で2人の希望する条件を絞り検索することが可能です。

なかでも、ゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディングの3社は、利用者も多くとても高い人気を集めています!

今回は、一生で一回と言われる思い出になるような結婚式場を探すにあたり、「どの式場検索サイトを利用すれば良いかわからない…。」という方向けに、おすすめ3社を比較しそれぞれの特徴をまとめてみました。

これから式場を探す方には必見の内容となっていますので参考にしていただけたらと思います。

ゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディングの基本情報

3つのおすすめポイントを知り「どこを利用すれば自分たちに最善なのか?!」まずはゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディングの基本情報をまとめてみました。

ゼクシィ  ハナユメ マイナビウェディング
掲載式場数 約2400 約500 約1500
対象エリア 全国(全都道府県) ・関東
・東海
・関西
・九州(福岡・佐賀・長崎のみ)
・北海道
・東北(宮城・福島のみ)
・関東
・北陸甲信越(長野・山梨のみ)
・東海
・関西
・九州(福岡・熊本・沖縄のみ)

式場数で比較

掲載式場数はとても大切な判断材料になります。

なぜなら、式場数が多ければ多いほど2人の結婚式場を選ぶ際の選択肢が増え「検討漏れを防ぐ」ことができるからです。

式場数ではゼクシィが1番多いです!

式場数は変動し続けていますが、今現在では2400ほどの式場を掲載しているゼクシィは、ハナユメやマイナビウェディングに比べて大きく差をつけています。

対象エリアで比較

どれだけ多くの魅力的な式場を掲載していても、2人が結婚式を挙げるエリアが対象外であれば意味がありませんね。

ゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディングの対象エリアを比較すると、全国全ての都道府県を網羅しているのはゼクシィのみ。

ここでもゼクシィが1歩リード!

ちなみに、ハナユメは対象外エリアが多いようです。

北海道や中国四国にお住まいの方はハナユメの利用が現実的に不可能となってしまいます。

マイナビウェディングはエリアを拡大しつつありますが、まだ対象となっていないエリアも少なくないため、知っておくと良いでしょう。

おすすめ3社のメリットとデメリット

基本情報ではゼクシィが2社に比べてリード!

式場掲載数と対象エリアは、サービスを利用するか否かを決める最も重要な判断材料と言っても良いでしょう。

しかし、ゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディングには、基本情報だけでは語り尽くせないそれぞれの特徴があります。

ここで、3社の特徴をふまえてサービスのメリットとデメリットを紹介します。

基本情報ではダントツのゼクシィ!

どのエリアにお住まいの方にとっても「掲載されている式場はほぼないに等しい」のがゼクシィです。

ゼクシィで式場を探すメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・たくさんの式場から好みに合う式場が選べる
・業界最大手の安心感がある
・ブライダルフェアに参加すると特典がもらえる
・利用者が多く口コミの量が圧倒的

デメリット

・ゼクシィ限定のオリジナルプランは対象者や挙式期間がかなり限定されている
・ゼクシィはデメリットがほぼありません。

強いて言うのであれば、ゼクシィ経由で申し込みをしたからと言って結婚式自体の費用が安くなるわけではないことです。

しかし、これほどたくさんの結婚式場から選べるメリットはとても大きく、対象外エリアもありません。

まさに「ゼクシィをおすすめできない人はいない」と言い切れる万能の結婚式サイトだと考えられます!

ハナユメはキャンペーンが豊富でお得感満載!

ハナユメを利用した場合、ハナユメ割というプランが適応されるためとてもお得になるのがポイントです。

ハナユメで式場を探すメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・ハナユメ割を適応すると結婚式費用を大きくおさえられる場合あり
・ホームページが見やすくおしゃれな印象がある
・ブライダルフェアに参加すると特典がもらえる!

デメリット

・掲載式場数が少ないため、選択肢の幅が狭くなってしまう
・ハナユメ割の条件に合致しない場合にはそれほどお得感がないことも

結婚式をとにかく「予算重視」で挙げたいという方にはハナユメがおすすめになります♪

それにハナユメに相談する際、利用したいのが、ハナユメウェディングデスクです!

ハナユメ割は条件さえ合えば「100万円以上ものディスカウントも夢ではない!」大幅割引がとても魅力!

ただ、掲載式場数があまり多くなく対象エリアも少ないため、利用できる人が限られてしまうのが少し難点かもしれません。


こだわり検索がしやすいマイナビウェディング

マイナビウェディングは、比較的新しいサイトですが徐々に対象エリアを拡大しています。

今対象外のエリアも、今後対象になる可能性がありますね。

マイナビウェディングで式場を探すメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・こだわり検索機能がとても充実しているため絞り込みやすい
・エリアによってはゼクシィ以上の掲載数を誇っている
・ブライダルフェアに参加して成約すると特典がもらえる

デメリット

・エリアによって掲載数のばらつきがある
・ブライダルフェア特典は「参加だけ」ではもらえないため注意が必要

マイナビウェディングの最大のメリットは「細かな条件を指定して式場が探せる」ことです。

なかには、「ドレス・衣装の持込料無料」や「全て持込料無料」などの項目があるため、すでに「多くの持込アイテムを使用したい」という方におすすめできます!

※対象エリアごとに掲載式場数が多かったり少なかったりするため、魅力的な式場を見落としてしまうようなことがあるかもしれませんので、しっかりリサーチすると良いでしょう!


結論「結婚式サイトはゼクシィが一押し!」

さまざまなメリット・デメリットを考慮しても、式場検索サイトの一押しは「ゼクシィ」です。

「圧倒的な式場数」「全国全てが対象エリア」これだけですでに「運命の式場を探すために最も役立つ検索サイト」であると言えます。

さらにゼクシィには「ブライダルフェア参加特典」もあります!

お得感があまりないと思われがちなゼクシィですがハナユメ・マイナビ同様に独自のキャンペーンを常に実施しているので、その点も安心ですね!

こだわり派には「ゼクシィ+ハナユメorマイナビウェディング」がおすすめ!

結婚式サイトはひとつしか利用できないわけではありません。

しっかりこだわって、式場を選んでいきたい方には、最もおすすめなゼクシィにプラスして、比較してみるのがおすすめです。

ゼクシィで気になる式場を絞り込んだら、それらの式場をハナユメもしくはマイナビウェディングで検索してみましょう。

そうすることによって、お得な特典を見逃すようなこともなくなりますね。

併用することで、より多くの口コミや評価を見ることができるメリットもあります!

今回は、人気の高い結婚式サイト、ゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディングを比べてみました。

総合的に比較してみて、まずは最もおすすめ度の高い「ゼクシィから利用してみては」いかがかと思います!

実際に利用者も多いゼクシィだからこそ、貴重な口コミもたくさん掲載されています。

一生に一度の結婚式は、理想をそのままカタチにした素敵なものにしたいものです!

そのための式場選びは、結婚式をイメージ通りに叶えるにあたり最も重要なポイントになります。

お時間の許す限りできるだけ慎重に選んでいくことが大切な思い出作りに繋がると思います。